資金繰りに困ったらやるべき事

1資金繰りの現状を正しく把握する

倒産してしまう会社にありがちなのは、資金繰りの現状を正しく把握していなかったというケースです。

「会社にどれだけの資産や現金、負債があるのか」を知り、「いつまでに、いくらのお金が必要なのか」を把握することで、事前にできる対策が見つかります。融資を申し込み、資金を確保することで倒産を免れる可能性が高くなります。

くれぐれも、「困ったら銀行や街金に頼れば良い」と軽く思わないでください。銀行で融資を受けるにしても審査があって時間がかかり、そもそも審査に落ちてお金が借りられないケースも考えられます。

街金や闇金は金利が高く、一時的に資金を確保できたとしても結局負債が増えるだけで倒産につながる危険性が高くなります。
まずは、現状を正しく把握し、危険を回避するための手段をしっかりと見つけておきましょう。

2経営再建に向けてできることを考える

資金調達が成功したら、次は経営再建の方法を考えます。「人件費などの固定費がかかりすぎている」「仕入れや投資などの変動費がかかりすぎている」「集客ができていない」「十分なサービスが提供できず売上が減少している」というように、経営不振にはさまざまな要因が考えられます。

これらを見直し、改善することで、利益率を大幅にアップすることも可能です。実際に弊社が融資をさせていただいた企業さまでも、正しく問題点を分析して改善を行うことで業績がマイナスからプラスに転じた例は数多くあります。

もちろん弊社でも融資するだけでなく、お客さまの経営再建に向け、いっしょに方策を考えてまいります。

3そのために何が必要なのかを知る

経営不振に陥った原因を把握し、再建に向けてできることを考えたら、次はそのために何が必要なのかを知ることです。

人件費がかかりすぎているのであれば、人員削減や給料の見直し、あるいは生産性の向上といった対策が必要でしょう。変動費がかかっているのなら、仕入先や外注先の見直しが重要です。集客ができていないのであれば、正しくマーケティングを行うことで認知度がアップし、売上増加が期待できます。他にも遊休不動産や使っていない設備を売却することで、現金を得ることも可能です。

具体的に「何をすべきか」を考えましょう。融資で得た資金を元手にできることも多くあるかと思います。一つ一つ、マイナスを生み出している要因をつぶしていけば、プラス要因のみが残ります。

経営再建のために外部の力を借りるというのも一つの手段です。経営者が経営不振に陥った原因がわかっていないがために倒産してしまうケースも少なくありません。特に中小企業や個人店舗などはオーナーが経営に向いていなかったがために経営不振に陥ってしまうということもありがちです。

実例のページにも掲載している例ですが、クリニックの院長を例に挙げて考えてみましょう。たとえ院長が腕の立つ名医であっても、腕が立つ経営者とは限りません。医者として優秀でも、経営のノウハウがなければクリニックが経営不振に陥るリスクも大きくなります。

その場合は外部から経営専門の人材を迎え入れたり、経営コンサルティングを受けたりすることで、経営再建の可能性が高まります。院長をしていた医師も、本来の仕事である医療行為に集中することができます。集客に自信がなければ、専門家であるマーケターに相談するなど、自分が苦手な分野のみを任せるという手段もあるでしょう。

このように、ご自分に経営のノウハウがなければ外部の力を借りるのも非常に有効です。

現状を把握して、資金を調達し、再建に何が必要なのかを知って実行する。これが経営再建への道のりです。そのプロセスを弊社がお手伝いだせていただきます。

お問い合わせ